WORKS

POSSIBILITY /
可能性を追求した2階リビングの家

POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家

敷地条件を魅力に変えた 広く明るい、2 階リビングの住まい。

マットブラックをベースに、グレ―が差し色の外観。スタイリッシュな 3 階建てのお住ま いです。玄関ドアをあけると、ロードバイクも置ける大きな土間収納を備えたエントランス へ。外から見える窓の少なさとは裏腹に自然光いっぱい。1 階と 3 階に個室を配し、2 階は 家族が集まる広々LDK と水回りを集約しました。スムーズな家事動線を確保しつつ生活感 を見せない工夫で、モノトーンのホテルライクな空間に。敷地面積は約 25 坪とコンパクト ですが、それを感じさせない明るく伸びやかなお住まいが完成しました。

POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家
POSSIBILITY /<br>可能性を追求した2階リビングの家

敷地条件を魅力に変えた 広く明るい、2 階リビングの住まい。

マットブラックをベースに、グレ―が差し色の外観。スタイリッシュな 3 階建てのお住ま いです。玄関ドアをあけると、ロードバイクも置ける大きな土間収納を備えたエントランス へ。外から見える窓の少なさとは裏腹に自然光いっぱい。1 階と 3 階に個室を配し、2 階は 家族が集まる広々LDK と水回りを集約しました。スムーズな家事動線を確保しつつ生活感 を見せない工夫で、モノトーンのホテルライクな空間に。敷地面積は約 25 坪とコンパクト ですが、それを感じさせない明るく伸びやかなお住まいが完成しました。

WORKS

建築概要

家族構成
-
構造
木3
敷地面積
81.05㎡㎡
延床面積
126.15㎡㎡
  • 3階建
  • オトナスタイル
  • 素材
  • 外構
  • シンプル
  • 収納
  • モノトーン
  • 狭小地
STAFF
西沢 谷岡 松本
間取図
WORKS

お客様の声

シャープなデザインもイメージ通り。 敷地面積からは想像できない贅沢空間に!

es ARCHITECT との出会いと依頼の決め手を教えてください

キリっとしたホテルライクなデザインが好み。土地を紹介してくれた不動産屋さんでも建てられたけど、他の会社も見てみることにしました。妻がデザイン重視でいろんな家や会社を SNS で探してくれて、最終的に 4 社に絞ったうちの 1 社が es ARCHITECT さん。決め手はやはり、設計士の⻄沢さんです。最初から設計士と話せる会社は他になかったし、些細な質問でも LINE で直接答えてくれる。他の会社は間取りの変更回数が決められているけど、es ARCHITECT さんは上限がなく、1つずつじっくり決めていけることも魅力でした。 はじめて京橋のモデルハウス兼事務所に行った時に「あ、ここだな」って。デザインと居心地のよさを実感しました。

新居への要望、こだわりはどんなものがありましたか?

リビングを一番居心地のいい場所にしたくて、20 畳以上は確保したかったです。あと、靴が好きなんで、大きなシューズクローゼットも欲しかったですね。趣味のロードバイクも置ける広い土間と一体化させて十分な広さに。家事動線のいい間取りも希望でした。考えてみたら、すべて叶ってますね!

es ARCHITECT からの提案で印象に残ることはありますか?

決して広くない土地で、建ぺい率は 60%。隣家との境界を 1mは確保しなければいけない上に斜線規制もあって、条件としては難しい土地なんです。そんな中、⻄沢さんが何度も何 度も考えてくれた。下がり天井の形状や、テレビのダウンライトもすべて提案されたもの。 間取りだけでなく、視覚的に広さを感じさせる工夫が散りばめられている。こういうのって普通はオプションで、別途費用がかかったり、金額が大幅に変わるけど、es ARCHITECTさんは細かく予算管理してくれました。今、リビングで過ごしていても「これで 25 坪って信じられないな」と思います。外からの視線は全く気にならないし、それでいて広々と心地よくて。

新居の住み心地を聞かせてください

友人が来て「かっこいい!」って言われるのもすごく嬉しいんですが、エアコンの取り付けや家具の配送の業者さんに「おお・・・」と静かに驚かれる時が、最高に嬉しいですね。新築の家をたくさん見てる人だろうから、余計にね。

家づくりの感想をお願いします!

完成直前に、外壁の色を塗り直してもらうことがあって。仕上がりがイメージとかなり違っていたからなんですが、そんな時、es ARCHITECT さんは僕たちの味方になってくれた。 建てる側である僕たちと同じ目線でこだわって、自分の家を建てるような真剣さで向き合ってくれたのが嬉しかったし、心強かったですね。設計の⻄沢さんと、コーディネーターの谷岡さん、松本さんと僕ら夫婦でグループ LINE をつくって、すべて共有しながら進めていけたのもよかった。間取り図だけでなく、家具が入った状態のパース図もたくさん作ってくれて、実際にどんな風に見えるかが具体的にイメージできました。きっと手間がかかったと思うけど、おかげですごく助かりました。うちは夫婦とも A 型で、気になりだすと止まらなくなるタイプ(笑)。es ARCHITECT さんの親身さと細やかさがどんなに助かったか。こんな家づくり、大手では絶対できなかったと思います。

TOP

CONTACT